読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職により生じた穏やかで想定外なストレス

僕は2016年4月に会社を移ったのですが事前にわかっていなかった盲点というべきストレスポイントがあった。

ここでいう盲点とは事前にわかってなかったやつです。

1.コンビニが遠い

会社から五分以上あるかないとコンビニがない。甘いコーヒー、御菓子を定期的に摂取しないと生きていけない勢なので、結構ダルい。まぁ、普通に「ちょっと外出てくるわぁ」って言って買いにいってるんだけどね。

2.音楽がない

前の職場は後輩のiPodをスピーカーにつないで当たり障りない音楽を流していたんだけど、今の職場はそれがない。

このせいで他の人の会話とかコピー機の音が気になってしょうがない。

だからどうしても我慢できないときは、許可をもらってイヤホンでインストの音楽を聴く。

時計の針が気になって眠れなかったりするタイプだと自覚はしてたけどね。

3.仲が良い女友達がいない

身近にいないのだ。前の職場では一個年下の後輩(kちゃん)がいたのだが、kちゃんがいないのが目下ナンバーワンのストレスになっている。

確かに人生において常にハリーポッターでいうところのハーマイオニー的な良き理解者タイプが身近にいたのだ。

なぜ男性ではなく女性でなくてはいけないかについては正直わからん。只の女好きなのか、感覚が女性に近いのか....

kちゃんが入社してくる前の一年は彼女がいて割りと安定していたので、彼女がてきればこの問題は解決するのではないか、という説が濃厚である。

人を目的としてではなく手段として扱うなんて、僕の推し哲学者であるカントさんの教えに反するのだが四の五の言ってられないというのが本音ですな。

以上です。

まぁ1と2は一緒に働いているモンキーパンチ体型の男の理解もあって、なんとかなっている。 ただ、理解がない上司とかに当たってたらと思うとゾッとしますね。

3に関しては今までが恵まれ過ぎていたのでしょう。当分我慢ですね。

この、文章が読まれた方の役に立つかわかりませんが環境が変わるってのは、それなりにいろいろありますね。

仕事の面とか人間関係に不満がないだけ、僕は恵まれてると思います(一番最初に思い付くのがコンビニがない!とかいうやつだしね)

それではまた。

REVENGE OF THE SPACE MONSTER

REVENGE OF THE SPACE MONSTER

f:id:randomqueen6:20160417034707j:plain