読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーマ&グレッグ(dharma&greg)という海外ドラマが一番好きなので全力で魅力を語る

今日は一番好きな海外ドラマを紹介します。

 

 

ダーマ&グレッグ シーズン1 DVD-BOX

 

ダーマ&グレッグ(dharma&greg)ってドラマです。

 

僕が好んで見る海外ドラマの条件は3つ。

  1. 一話完結
  2. 金髪ブロンドの美人が出てくる
  3. 会話が面白い

今回紹介するダーマ&グレッグ(dharma&greg)はそれを満たしたものになっています。

それではいってみましょう!まずはあらすじから!

 

あらすじ

元ヒッピーの両親に育てられた自由奔放でエネルギッシュなダーマと、ハイソな両親のもとで育った誠実で心優しいお坊ちゃまグレッグ。

育った環境も性格も価値観も正反対の2人は、サンフランシスコの地下鉄で出会ったその日に恋に落ち、なんとそのまま電撃結婚!

双方の超個性豊かな両親や友人たちも巻き込んで、2人の新婚生活はドタバタでハプニングの連続。だけどラブラブな2人は、何が起きようともいつもハッピー!どんなトラブルでも、最後はラブ・パワーとユーモアで明るく楽しく解決!

 

 

 

 

 

最後の部分がダサいから自分で書こうかなと思ったけど挫折してFOXの公式から持ってきた。

ようするに開始5分で結婚して、それから夫婦生活の中で相手のことを知っていく。あまりに価値観などが違う相手に困惑するが明るく元気に乗り越えていく!って話ですね。

 

お気づきの方いらっしゃると思いますが、僕のハンドルネームの由来となった作品です。ポケモンのブログでは転職したからだーまです♪とかいってますけど、本命はこっち。

 

次は具体的に面白いところについて説明していきましょう。どうぞぉ~

 

1.主人公ダーマが魅力的

 

金髪ブロンド180cmのアマゾネスことダーマがべらぼうに可愛い。基本、ダーマ(一家)の奇行にグレッグが┐(-。-;)┌ お手上げって感じで進んでいく。

こんなパターンが多いんですけど、ダーマが目をキラキラさせてやってるもんだから許しちゃってるんですよね。とにかく可愛いっていうか魅力的なんですね。

基本ふざけた人なんですけど、真剣な時には真剣な話もできるっていうところがポイント高い。常識も兼ね備えてるけど、自分の欲求にしたがったらその中からはみ出てしまった、みたいな感じでしょうか。

 

典型的なお坊ちゃんとヒッピーの娘が出会って即結婚!そこから始まるラブコメ、面白くないわけないでしょ?

大学時代に一人このドラマのファンの後輩(♂)がいて、ダーマみたいな人と付き合えんかね・・・と言ったら笑われました。ちなみに5/3に帰省のついでに遊んだんですけど、好きなキャラの名前ハンドルネームにしちゃうってどうよ!?って煽られました。相変わらず目の中に入れても痛くないほどカワイイやつです。

 

 

 

2.その他にも魅力的な登場人物

 

f:id:randomqueen6:20160410144753g:plain

 

本人たちはもちろん正反対。価値観、今までの人生、育った環境、食べてきたもの、恋愛観・・・なにもかもが違います。

それだけならまだしも両親、友達まで正反対なのでもう滅茶苦茶。登場人物全員反りが合わない。その中でも特にダーマと姑キティとの嫁姑のいざこざが面白い。嫁姑問題は万国共通だなって思いますね。

 

 

 

3.会話がめちゃくちゃ面白い

これは海外ドラマのコメディー全般に言えることですけど、尺が30分しかありません。

なので起承転結+笑いをコンパクトに収めるので無駄なシーンを挟んでいる暇がない。

その結果、数回往復する会話で一笑いを起こして次の場面に転換していくのですが、本当に一個一個のシーンの掛け合いが面白いんですよね。翻訳、吹き替え共に申し分のない出来なので、是非ともそちらで視聴していただきたい。特にダーマ役の雨蘭咲木子さんは本当にはまっている。僕はこのドラマを中学1年生の時に見て、面白いことを言える人になろうと思った。

 

 

 

4.価値観の違う二人がぶつかりながら乗り越えていくというテーマがいい

僕はこういうのが好きなんです。因みに日本のドラマで最強なのは「お見合い結婚」。正反対なユースケ・サンタマリア松たか子の二人が結婚前提で(お見合いという形で)出会って、それから二人でぶつかりながらちょっとずつ進んでいくっていう話。

完全におてんば娘と、それに振り回される男っていう構図が好きなんですね。1~3で挙げたいい点に関しては他の海外ドラマでもあるんですよね。金髪の女性が可愛いドラマだったら「レバレッジ」とか「リジー&Lizzie」を見ればいいし、会話とかギャグの面白さだったらスピン・シティやボーイミーツワールドなども候補に上がってくると思いますが、この要素がオンリーワンで好きですね。夫婦と恋人の中間っぽい感じが好きです。

 

 

 

5.シーズンを追うごとに関係性が変化していく。

 

最初はグレッグはダーマにやられっぱなしだけど、シーズン3になると奔放なダーマに影響されたのか、突然検事をやめてしまう。また、シーズンを追うごとにダーマがグレッグの母キティの操縦に慣れていく。そんな面白さがある。

 

そこがドラえもんサザエさんと違うところですね。主要なキャストはほとんど入れ替わらないので関係性の変化が楽しい。

 

ここまで書いて思い出したのですが、結構相棒のファンも似たようなこと言ってますよね。最初はぎこちなかった亀山と右京が、だんだん相棒になっていくのが良いって。

 

 

以上です。

 

 

 

最後に

 

長々と失礼しました。

多分大きいTSUTAYAにはDVDがあると思います。なければDVDを買いましょう。損はさせません。

 

 

この作品は911テロのせいで「楽しいコメディー自重すべし」の流れに押しつぶされる形でシーズン5で終わってしまいました。人気絶頂だったらしいけどね。本当に残念。

ちなみにDVDは大人の事情でシーズン2までしか出ていません。

 

 

Amazon.co.jp | ダーマ&グレッグ シーズン3 [DVD] DVD・ブルーレイ -

 

↑ファンの悲痛な叫びがレビュー欄で見られます。僕も本当にどうにかしてほしい。

 

 

海外ドラマ入門書としてはうってつけだと思います。24とかプリズンブレイクみたいなストーリー物と違った面白さがこのドラマ(シチュエーションコメディーってジャンルね)にはあると思います。

 

少しでも伝わればこれ幸い。

ついでに、この記事がめちゃくちゃ拡散されてシーズン3以降のDVDが出たら死んでも良いぐらい幸せ。

 

ではまた次の記事でお会いしましょう、だーまでした!(だーまでした、って恥ずかしいな)