読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近面白いと思う名前について

おふざけ 気づいたこと 思ったこと

お久しぶりです。

だーまです。

 

ブログの更新をサボってペアーズとかいう神アプリで真剣に恋人を探していました。まぁまぁモテていました。うれしかったです(小学生並みの感想)

はてなで培った文章力を存分に利用していましたね。マジで。ブロガーはみんなやるべき。責任は持ちませんが。

 

まぁ、そんなこんなで最近は女性の名前を多く拝見する機会があって面白いなぁと感じた名前があったので書いておきます。

 

それは

 

みずき とか みづき とか

 

です。

 

よくいる名前ですが・・・

 

まず、男性も女性もどっちにも使える。

しかも、苗字と名前どっちでも使える。

さらに、僕らは「ず」と「づ」を判別できない。

 

つまり!「こんにちは、みず(づ)きです。」と言われた時に可能性としては、

 

(a). みずきという苗字の男性

(b). みずきという苗字の女性

(c). みづきという苗字の男性

(d). みづきという苗字の女性

(e). みずきという名前の男性

(f). みずきという名前の女性

(g). みづきという名前の男性

(h). みづきという名前の女性

 

という8通りが存在するわけで、多分「こんにちは、〇〇です。」と伝えた時に情報量が少ない名前だと思われる。

 

男性女性苗字名前を問わず使えるオールマイティーネームのジャンルに属するのは「ゆうき」とか「あおい」が挙げられるが、【ず or づ の混同】という芸術点の高さから今回はこちらの名前をあげさせていただいた。

 

ついでに言うならば、みずきの場合は「みず+き」という感じの配分になることが多く、みづきの場合は「み+づき・・・もっというと美月」になる場合が多いのもちょっと面白い。

 

ここまで書いて、cとd、みづきという苗字があるのかと不安になり血眼になって探したらNO.1ホスト兼プロレスラーが出てきた。

みんな応援しよう!と言いたいところだが、ツイッターの表記がmizukiになっている。だめだ。俺以外のみんなは応援しなくていいです。

 

 

当然、これはペアーズでみずきさんとやり取りしている時に思いついたネタなのだが、その人とはうまくいかなかった。残念無念。また来週。

 

復帰作のくせに意欲作をねじ込むような、相変わらず一人称が定まらない私ですけどこれからもよろしくね。

 

楽しんでいただけたらこれ幸い。ではまた、だーまでした。

 

▼似たやつ 

dharma.hatenablog.jp

 

▼月が入った好きな曲


Rythem - Mikazuki Rhapsody

 

▼サムネ用